クリーニング師 再就職に有利な資格

60代の再就職に有利な資格「クリーニング師」

60代の再就職に有利な資格である「クリーニング師」は、それまでの経歴に関係なく取得でき、独立・開業も可能な資格です。

クリーニング業界は、大規模な工場から自宅の一部を改築して行う家族経営のものまで規模は様々ですが、この資格を持っていると定年退職後でも働くことができ、60代で再就職も十分に期待できます。

以下、「クリーニング師」に関する情報です。
試験内容 学科試験・衛生法規に関する知識(10題)公衆衛生に関する知識(10題)洗たく物の処理に関する知識(10題)試験時間80分
実地試験・繊維の鑑別(5題)ワイシャツのアイロン仕上げ(1題)試験時間13分
試験日 受験地によって異なるが、9月中旬のことが多い
受験資格 中学校又はこれに準ずる学校を卒業した者、中等教育学校の前期課程を終了した者
応募時期 受験日の約2ヶ月前
合格率 60〜70%
受験場所 全国
勉強期間の目安 独学による
資格取得によるメリット 定年退職後も働ける、独立・開業が可能
資格に対応する通信講座・通学講座 なし

再就職 資格関連情報