2級ボイラー技士 再就職に有利な資格

60代の再就職に有利な資格「2級ボイラー技士」

「2級ボイラー技士」の資格が、なぜ60代の再就職に有利であるかご説明します。

「2級ボイラー技士」の資格を持っていると、ビル管理会社などで再就職できる可能性があります。

なぜなら、ビルを管理するには、冷暖房や電気、給排水、防災など諸設備を管理する必要があり、そのために「2級ボイラー技士」の資格が必要になってくるわけです。

この資格は、高齢者でも取得可能であり、ビル管理会社では、60代での求人も頻繁に行っているので、60代で再就職をしたいと思っている人にぴったりの資格です。

以下、「2級ボイラー技士」に関する情報です。
試験内容 五肢択一式、試験科目・ボイラーの構造に関する知識(10問)ボイラーの取扱いに関する知識(10問)燃料及び燃焼に関する知識(10問)関係法令(10問)試験時間3時間
試験日 12〜3月の間で受験地によって異なる
受験資格 大学、高校などでボイラーに関する学科を修め終了したもので、その後3ヶ月以上の実地修習を経たもの、ボイラーの取扱いについて6ヶ月以上の実地修習を経たもの、ボイラー実技講習を修了した者など
応募時期 受験希望日の2か月前〜14日前まで
合格率 正答率60%以上
受験場所 北海道センター、東北センター、関東センター、中部センター、近畿センター、中国四国センター、九州センター
勉強期間の目安 6ヶ月
資格取得によるメリット 60代の再就職に有利
資格に対応する通信講座・通学講座
  • ユーキャンなら忙しい方も、知識ゼロの方も6ヵ月でOK!
  • マトを絞った解りやすい教材で、無駄のないカリキュラム
  • メール、郵便で気軽に質問できる
  • サポートは受講開始から12ヵ月間もあるから安心!

ユーキャンの「二級ボイラー技士」

再就職 資格関連情報