宅地建物取引主任者 再就職に有利な資格

50代の再就職に有利な資格「宅地建物取引主任者」

「宅地建物取引主任者」の資格を取得すれば、50代でも有利に再就職することができます。
なぜなら、不動産の売買や賃貸の仲介などの際に必要な資格であり、不動産業界の各事業所では、5人に一人の割合で専任の「宅地建物取引主任者」を置かなければならないので、不動産業界への再就職を希望している人には、非常に有利であると言えます。

また、この資格は、年齢に関係なく取得することができ、短期間で取得することも可能であるため、国家資格の中では比較的取得しやすく、中高年層に人気がある資格です。

以下、「宅地建物取引主任者」に関する情報です。
試験内容 四肢択一のマークシート方式で50問、試験時間は二時間
試験日 10月の第三日曜日
受験資格 特になし
応募時期 7月1日〜7月末まで
合格率 15%
受験場所 全国
勉強期間の目安 3〜6ヶ月
資格取得によるメリット 独立・開業も可能
資格に対する通信講座・通学講座
  • 出る所を絞り込んだ効率テキスト。
  • 択一試験で意外に取りやすい。

ユーキャンの「宅地建物取引主任者講座」

  • 「受講前」「受講中」「受講後」とそれぞれ違ったなやみについて応えします
LECの「宅地建物取引主任者講座」
  • どんな質問にも丁寧にお応えします。
  • 「一発合格」を勝ち取るための大原オリジナル教材。
資格の大原の「宅地建物取引主任者講座」
  • 国家資格試験のカリスマ竹原講師がすべてをプロデュース。
  • 合格への新常識、Wステップ学習法と完全リンク。
  • 忙しくても続けられる、合格後まで見据えたサポート。
ヒューマンの「宅地建物取引主任者講座」
  • 通信、通学講座から選べる。
  • 宅建試験に必要な基礎からの実力養成と、過去の出題傾向をふまえた答案練習を中心に、短期間で確実に合格していただけるカリキュラム内容。
大栄の通信「宅地建物取引主任者講座」
大栄の通学「宅地建物取引主任者講座」

再就職 資格関連情報