不動産鑑定士 再就職に有利な資格

50代の再就職に有利な資格「不動産鑑定士」

50代の再就職に有利な資格の一つに「不動産鑑定士」があります。

「不動産鑑定士」とは、土地や建物などの不動産を鑑定し、評価額を決める専門家ですが、「不動産鑑定士」の多くが中高年から独立して、一生涯働ける仕事として活躍しています。

年齢や学歴に関係なく誰でも受験することができ、また、定年後も働ける仕事なので、50代で再就職をしたい人にとって、非常に有利な資格であると言えます。

定年後に独立・開業する人も多く、鑑定士登録をしておけば国や地方自治体からの仕事も請け負うこともでき、例え50代でこの仕事を始めたとしても、それ以降も長く働くことができます。

以下、「不動産鑑定士」の資格に関する情報です。
試験内容 一次試験・短答式試験 鑑定理論と行政法規の二科目で択一式、試験時間各二時間
二次試験・論文式試験 鑑定理論、民法、会計学、経済学の4科目 試験時間6時間
試験日 一次試験 5月の第二日曜日
二次試験 月の第一日曜日を含む土・日・月曜日の連続する3日間
受験資格 特になし
応募時期 3月初旬〜3月中旬
合格率 一次試験23〜25%、二次試験10%
受験場所 一次試験・北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県
二次試験・東京都、大阪府、福岡県
勉強期間の目安 1ヶ月半
資格取得によるメリット 定年後も働ける、独立・開業が可能
資格に対する通信講座・通学講座
  • 「受講前」「受講中」「受講後」とそれぞれ違ったなやみについて応えします。

LECの「不動産鑑定士講座」

再就職 資格関連情報