第二種電気工事士 再就職に有利な資格

50代の再就職に有利な資格「第二種電気工事士」

困難を極める50代の再就職ですが、資格を持っているといないとでは雲泥の差があります。

「第二種電気工事士」の資格は、50代の再就職を有利にする資格の一つで、年齢に関係なく取得できます。

一般住宅や店舗工場など、電気工事関連企業に再就職でき、また、この資格を持っていると定年退職後に独立できるなど、定年後の仕事としても活躍できるので、50代のうちに取得しておくと、一生できる仕事として携わることができます。

定年後も現役として働きたい人にぴったりの資格です。

以下、「第二種電気工事士」に関する資格です。
試験内容 一次試験・四肢択一のマークシート方式の学科試験50問
二次試験・実技試験(電線の接続、配線工事など)
試験日 一次試験・年1回6月上旬の日曜日、二次試験・年1回7月下旬の土曜または日曜日
受験資格 特になし
応募時期 3月中旬〜4月上旬
合格率 正答率60%以上
受験場所 全国約60都市(主に大学や専門学校)
勉強期間の目安 8か月
資格取得によるメリット 定年退職後も働ける
資格に対する通信講座・通学講座
  • ムリなく分かる、イラストや図解満載のテキスト。
  • これで実技練習も安心。必要な配線材料が揃っています。
  • 未経験でも受験可能。実技の添削指導もあり。

ユーキャンの「第二種電気工事士講座」

再就職 資格関連情報