危険物取扱者 再就職に有利な資格

50代の再就職に有利な資格「危険物取扱者」

50代の再就職に有利な資格に「危険物取扱者」があります。

「危険物取扱者」の資格は国家資格であり、火災の危険が高い「危険物」の取り扱いを行うことができるので、例え50代でもそれに関わる様々な職に就くことができます。

例えば、危険物を取り扱っている化学工場やガソリンスタンド、タンクローリーなどの施設、ガス関連工場などの現場関係の職種を再就職先に考えている人にとって、「危険物取扱者」の資格は非常に有利であると言えます。

またこの資格は、独学での短期取得も可能なので、50代でも取りやすい資格ではないでしょうか。

以下、「危険物取扱者」に関する情報です。
試験内容 甲種・5者択一で試験時間は150分(危険物に関する法令15問、物理学及び化学10問、険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:20問 )
乙種・5者択一で試験時間は120分(危険物に関する法令15問、基礎的な物理及び基礎的な化学10問、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法10問)
丙種・4者択一で試験時間は75分(危険物に関する法令10問、燃焼及び消火に関する基礎知識5問、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法10問)
試験日 受験地によって異なる 前期は4月〜9月、後期は10月〜3月
受験資格 甲種は大学等において化学に関する学科を卒業したもの、大学等で化学に関する授業を15単位以上修得した者、乙種取得後の実務経験が2年以上のものなど
乙種と丙種は誰でも受験可
応募時期 受験地によって異なる 受験日の約2か月前まで
合格率 全ての種で正答率60%以上
受験場所 全国
勉強期間の目安 5ヶ月
資格取得によるメリット 危険物取り扱いのある現場での再就職が容易、年齢に関係なく働ける
資格に対する通信講座・通学講座
  • 5ヵ月でムリなく“乙4”合格が狙える。
  • 受けやすく、取りやすい資格。

ユーキャンの「危険物取扱者講座」

再就職 資格関連情報