介護保険事務 再就職に有利な資格

50代の再就職に有利な資格「介護保険事務」

「介護保険事務」の資格は、国家資格ではなく民間資格であるため、50代でも十分取得可能な資格です。

また、高齢化が進む現代では、介護事業が年々拡大し、専門的な技能と知識をもつ「介護保険事務」の資格取得者のニーズもどんどん高まっていくことが予想されます。

また、内勤業務になりますので、体力的に心配な50代でも働きやすいのでお勧めです。

そのため、この資格を取っておくと、50代で再就職をしたいと思う人の強みになり、再就職を有利に運ぶことができます。

以下、「介護保険事務」資格に関する情報です。
試験内容 一次試験は2日間で7科目の筆記試験、二次試験は4科目の筆記試験と口述試験
試験日 一次試験・8月上旬の二日間、二次試験・10月下旬
受験資格 一次試験は特になし、二次試験は一次試験合格者
応募時期 一次試験は5月中旬〜6月上旬、二次試験は8月下旬〜9月中旬
合格率 正答率60%以上
受験場所 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
勉強期間の目安 1年3ヶ月
資格取得によるメリット ビジネスに関する知識を幅広く得られる、人脈拡大、独立も可能
資格に対する通信講座・通学講座
  • 介護事務に関わる専門技能を専任講師が丁寧に指導。
  • わかりやすい具体例やイラスト・図解を豊富に交えたテキスト。

がくぶんの「介護事務講座」

  • 医事・福祉教育分野でおよそ40年の歴史あるキャリアで初めての方でも安心のカリキュラム。
  • 合格するまで徹底サポート。
ニチイの「介護事務講座」
  • シカトルでは、介護事務の講座を開講している学校の資料を無料にてお送りしています。
  • 未経験から学べる!介護のエキスパートになれる。
シカトルの「介護事務講座」

再就職 資格関連情報