公認会計士 再就職に有利な資格

40代の再就職に有利な資格「公認会計士」

40代の再就職に「公認会計士」の資格が非常に有利に働きます。

「公認会計士」の資格は、監法律上で独占業務であり、他の資格をとっても行うことができないものであるため、この資格を持っている人は再就職をする上で、非常に有利です。
その上、需要がどんどん伸びているので将来性の高い資格とも言えます。

一般的に40代での再就職は容易ではないですが、「公認会計士」の資格は年齢を関係なく取得することができ、また、就職後の昇進や昇給にも強く影響し、独立・開業も夢ではありません。

以下、「公認会計士」の資格に関する情報です。
試験内容 マークシート方式及び論文式による筆記試験
試験科目・財務会計論、管理会計論、監査論、企業法など
試験日 5月 マークシート方式試験、8月 論文式試験
受験資格 特になし
応募時期 9月初旬〜9月中旬
合格率 マークシート方式の正答率70%以上、論文式の正答率52%以上
受験場所 北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、熊本県、福岡県、沖縄県
勉強期間の目安 1年間
資格取得によるメリット 年齢に関係なく働くことができ、独立・開業もできる、行政書士業務を仕事とすることも可能
資格に対する通信講座・通学講座
  • 合理的カリキュラムで、学習の負担を軽減。
  • 豊富な受講形態と、二重・三重のフォロー制度をご用意。

LECの「公認会計士講座」

  • 毎年高い合格実績を達成。
  • 一発合格を可能にするカリキュラム。
資格の大原の「公認会計士講座」
  • 学習レベル・環境・目標に合った講座を選択できるよう多彩な講座を設け、細分化。
  • 関東圏で有名な公認会計士の専門校「AXL(アクセル)」との提携により、テキスト制作に関わっている講師陣の授業が受けられる。
大栄総合教育システムの「公認会計士講座」

再就職 資格関連情報