パソコン実務検定 再就職に有利な資格

30代の再就職に有利な資格「パソコン実務検定」

30代の再就職をするためには、少しでも有利な資格を取得することが重要です。

「パソコン実務検定」は、その中でも再就職に有利な資格であるといえます。

どういった点が30代の再就職に有利かというと、多くの会社でパソコンを使う業務は多く、また30代ともなるとある程度パソコンを使えて当然と思われているので、パソコンを使いこなせるというのは、かなり重要になってきます。

そこで、30代の再就職を目指す上で有利に働くのがこの「パソコン検定」というわけです。

以下、「パソコン検定」に関する情報です。
試験内容 3級・タイピングテスト、選択式テスト、実技テストがあり、全部で65問試験時間60分
2級・選択式テスト55問、総合実技テスト1課題 試験時間70分
1級・選択式テスト10問と論文作成テスト 試験時間90分
試験日 認定試験会場によって異なり、受験者数に応じて随時開催のところが多い
受験資格 特になし
応募時期 随時
合格率 3級55%、2級35%、1級33%
受験場所 全国
勉強期間の目安 3ヶ月
資格取得によるメリット 資格取得後すぐに仕事に活かせる

再就職 資格関連情報