30代 再就職に有利な資格

30代の再就職に有利な資格

30代の再就職に有利な資格には何があると思いますか?


30代で再就職をしたいと思っている人の中には、結婚や出産でそれまでの会社を退職し、それを機に再就職をしようと思っている人、子供の手が離れたので、仕事に復帰したいと思っている人、やりたい仕事が見つかった人などがいると思います。

しかし、何の資格を持たずして再就職先が見つかるほど甘くはありません。
そこで、30代で再就職をしたいと思っているなら、何らかの資格取得を目指しましょう。

資格の中には、主婦でも空き時間を利用して取得できるものや、働きながらでも通信講座などを利用して資格取得できるものが多数あります。

30代の再就職を有利にできる資格には様々ありますので、自分のやりたい職種で探したり、通信講座で取得できるものの中から探したり、いろんな角度から探してみるといいと思います。

ここで、私がお勧めする30代の再就職に有利な資格を少しご紹介しますので、参考にしていただけると幸いです。
まず、30代に限ったことではありませんが、「ホームヘルパー2級」などの医療系や「医療事務」など事務系の資格は、年齢や実務経験などが不問のものがあり、しばらく職を離れていた主婦や、全くの未経験者にも取得しやすい資格だと思います。

その上、再就職に非常に有利に働く資格が多く、勤務形態も選べるものもありますので、家庭と仕事を両立したい人にもお勧めです。


また、「簿記」や「パソコン検定」なども、多くの企業が必要とする資格なので、再就職に有利であると言えます。


上記に挙げた資格は、仕事だけでなく、実生活でも役に立つ資格が多いので、取得しておくといいと思います。


30代の再就職を少しでも有利にするために資格取得を頑張ってください。

30代の再就職に有利な資格エントリー一覧

結婚・出産後の再就職にも有利な資格「医療事務」
医療事務の資格がなぜ30代の再就職に有利に働くかというと、結婚や出産など環境の変化に負けない資格だからです。特に、女性にとって結婚や出産など人生の転換期に仕事を退職する人も少なくありません。そして、それを機に別の仕事に就きたいと思う人や、子供の手が離れたのでもう一度職場に復帰したいと思う人もいるはずです。その人生の転換期を迎える女性の多くが30代なのです。「医療事務資格」は、全国どこの医療機関でも使え、景気に左右されない資格であり、年齢に関係なく働くことができるので、再就職しやすし資格と言えます...
30代で目指す再就職に有利な資格「簿記」
「簿記」は30代で再就職を目指す人に有利な資格です。なぜ有利かというと、幅広い分野で使える生涯資格であり、比較的短期間で取得できる資格なので、再就職を目指すのにもぴったりの資格です。簿記の知識やノウハウを生かして活躍できる場が非常に多いので、再就職に有利な資格であると言えるでしょう。以下、簿記資格に関する情報です。
30代の再就職に有利な資格「パソコン実務検定」
30代の再就職をするためには、少しでも有利な資格を取得することが重要です。「パソコン実務検定」は、その中でも再就職に有利な資格であるといえます。どういった点が30代の再就職に有利かというと、多くの会社でパソコンを使う業務は多く、また30代ともなるとある程度パソコンを使えて当然と思われているので、パソコンを使いこなせるというのは、かなり重要になってきます。そこで、30代の再就職を目指す上で有利に働くのがこの「パソコン検定」というわけです。以下、「パソコン検定」に関する情報です。
30代の再就職に有利な資格「ホームヘルパー2級」
30代の再就職を目指す上で「ホームヘルパー2級」の資格を持っていると、有利に再就職先を見つけることができます。なぜなら、雇用対策として各自治体が福祉人材を積極的に確保しようとしているため、「ホームヘルパー2級」の資格保有者は優先的に雇用されるからです。また、高齢化が進む上で介護の仕事のニーズは高まる一方であり、不況に強い資格と言えます。院内ヘルパーや在宅ヘルパー、施設内ヘルパー、訪問入浴など活躍の場が多く、将来性の高い資格と言えます。以下、「ホームヘルパー2級」に関する情報です。

再就職 資格関連情報