歯科助手 再就職に有利な資格

20代の再就職に有利な資格「歯科助手」

20代の再就職に有利な歯科助手資格についてご紹介したいと思います。

なぜ、20代の再就職に歯科助手資格が有利なのかわかりますか?

まず、歯科助手とは、歯科医師や歯科衛生士をサポートする仕事で、受付業務、会計事務、診療室での診療補助の3つに分けられます。

歯科助手には国家資格はありませんが、民間の団体が認定する資格がいくつかあり、その資格を20代で取得しておくと、再就職先が見つかりやすくなります。
また、ずっと使える資格ですので一度取得しておくと将来的にも役に立つと思います。

では、歯科助手資格に関する情報です。
歯科助手資格は民間の団体が認定する資格がいくつかあるので、ここではその中の一つである日本歯科助手検定協会認定の歯科助手資格についてご紹介します。
試験内容 3〜1級まであり、一つの設問に対し、いくつかの解答の中から正解を選ぶ択一式。全て60分。
試験日 3級・6月第一日曜日、8月第二日曜日、10月第三日曜日、12月第一日曜日、2月第一日曜日
2級・10月第三日曜日、12月第一日曜日、2月第一日曜日
1級・12月第一日曜日、2月第一日曜日
受験資格 特にありませんが、とび級受験はできませんので、3級から受験すること
応募時期 受験する月の前月の初旬〜中旬
合格率 3級の場合は正答率70%以上、2級は正答率75%以上、1級は正答率80%以上で合格
受験場所 東京、千葉、札幌、神戸、福岡
勉強期間の目安 40〜50時間
資格取得によるメリット 再就職しやすく、自信を持って、より効率よく仕事に取り組める
資格に対する通信講座・通学講座
  • ユーキャンなら在宅受験も可能。試験もテキストなどを見ながら解答可。
  • 現場で使える技能を学べる。

ユーキャンの「歯科助手講座」

  • 全国800の歯科医院の声を取り入れたカリキュラムで即戦力に。
  • 医事教育およそ40年のノウハウを歯科助手講座に結集。
  • 無料延長制度などサポートも充実。
ニチイの「歯科助手講座」

再就職 資格関連情報