社会福祉士 再就職に有利な資格

高齢化の今こそ有利な資格「社会福祉士」

高齢化の今こそ有利な資格である「社会福祉士」についてご紹介します。

20代の再就職を考える人の中で、介護の仕事を考えている人も少なくないのではないでしょうか。

高齢化が進む現代では、介護をはじめとする医療現場で働く人の数が圧倒的に少なく、ニーズはどんどん高まる一方です。

その中でも、日常生活を送る上で支障がある人の相談に乗ったり、援助を行う「社会福祉士」は、ますます活躍の場が多くなり、さらに国家資格ですので、一度取得すれば一生使える資格です。

つまり、就職先に困らないというわけです。

では、以下に「社会福祉士」に関する情報を提供します。
試験内容 マークシート方式(5択)出題数150問、総試験時間240分
試験日 年1回 1月中旬〜下旬の日曜日に実施
受験資格 大学等で「指定科目」を履修した者、社会福祉士「養成施設」を卒業した者、福祉事務所の査察指導員等の実務経験が5年以上ある者
応募時期 9月初旬〜10月初旬
合格率 正答率60%
受験場所 北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県及び沖縄県
勉強期間の目安 1〜2年間
資格取得によるメリット 再就職に有利に働く。専門知識が身に着く。
資格に対する通信講座・通学講座
  • ユーキャンなら始めてでも忙しくても7か月で合格圏へ
  • マトを絞った教材で、無駄のないカリキュラム
  • きめ細かい添削のアドバイスで、合格力がグンとアップ!
  • 学費は分割払いもOK

ユーキャンの「社会福祉講座」

再就職 資格関連情報