20代 再就職に有利な資格

20代の再就職に有利な資格

20代で再就職をしようと思っている人の中には、「まだ若いから再就職先はすぐみつかる」と思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、不況の今、若いからと言って再就職先がすぐみつかるほど甘くはありません。
特に、一度就職をしていた人は、再就職先の面接時に前の仕事を辞めるほど、その仕事をしたかったのかなど、辞めた理由や、その仕事に対する熱意などを少なからず聞かれるはずです。
その際に相手を納得させることができますか?

ここで言いたいのは、簡単に仕事を辞める人をどこの企業も雇いたいと思わないということです。
つまり、前の仕事を辞めてまでその仕事に就きたいということを具体的に示すことが必要になってきます。

そこで、資格がポイントになってきます。
その資格を取得することによって、再就職も有利になりますし、またその資格を取得するほどその仕事に就きたい、という熱意も相手に伝わります。


20代の再就職に有利な資格には様々ありますが、中でも医療系の資格がお勧めです。

医療系の求人はその職種にもよりますが、まず年間を通してあると思っても大丈夫です。

高齢化が進む現代では、社会福祉士やケアマネージャーなどの介護に携わる仕事や、看護師などの実際に医療現場で働く仕事、歯科助手など医療系の職種のニーズは高まる一方です。

また、一度取得すれば、一生使え、全国どこでも通用する資格が多いので、20代の若いうちにこいういった資格を取得しておくとその後の再就職も有利になるはずです。


20代で再就職をしたいと思っている人は、これからの長い人生を見据えた資格取得を目指してほしいと思います。

20代の再就職に有利な資格エントリー一覧

20代の再就職に有利な「歯科助手」資格
20代の再就職に有利な歯科助手資格についてご紹介したいと思います。なぜ、20代の再就職に歯科助手資格が有利なのかわかりますか?まず、歯科助手とは、歯科医師や歯科衛生士をサポートする仕事で、受付業務、会計事務、診療室での診療補助の3つに分けられます。歯科助手には国家資格はありませんが、民間の団体が認定する資格がいくつかあり、その資格を20代で取得しておくと、再就職先が見つかりやすくなります。また、ずっと使える資格ですので一度取得しておくと将来的にも役に立つと思います。では、歯科助手資格に関する情報...
高齢化の今こそ有利な資格「社会福祉士」
高齢化の今こそ有利な資格である「社会福祉士」についてご紹介します。20代の再就職を考える人の中で、介護の仕事を考えている人も少なくないのではないでしょうか。高齢化が進む現代では、介護をはじめとする医療現場で働く人の数が圧倒的に少なく、ニーズはどんどん高まる一方です。その中でも、日常生活を送る上で支障がある人の相談に乗ったり、援助を行う「社会福祉士」は、ますます活躍の場が多くなり、さらに国家資格ですので、一度取得すれば一生使える資格です。つまり、就職先に困らないというわけです。では、以下に「社会福...
20代の再就職に有利な資格「ケアマネージャー」
20代の再就職になぜ「ケアマネージャー」の資格が有利だと思いますか?高齢化が進む中で介護福祉制度の運営に携わるケアマネージャーは、今最も求められている資格の一つです。その資格を20代のうちに取得しておくと、長い期間活躍できますし、将来性のある資格なので、生涯の仕事としても携わることができ、再就職に困ることはないと思われます。では、「ケアマネージャー」の資格に関する情報をご提供します。
20代の再就職に有利な資格「看護師」
20代で再就職を希望する人にゆうりな資格である看護師資格をご紹介します。今なぜ看護師の資格が20代の再就職に有利であるかというと、常に看護師の求人はあちこちであり、特に一度辞めても再就職に困らない資格だからです。「20代じゃなくてもいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、30代、40代で看護師資格取得を目指している人のほとんどが、もっと早く取得しておけばよかったと思っているからです。実際に身近に、30代、40代で看護師資格を取得した人がいますが、みんな口を揃えて20代の若いうちに取得してお...

再就職 資格関連情報