再就職に有利な資格

再就職するなら、まず資格取得から始めよう!毎日頑張って就職活動しても、希望通りの再就職先がみつからなかったり、面接を受けることすらできないこともあるでしょう。誰でも再就職を少しでも有利にしたいと思うはずです。そこでカギとなるのが、資格なのです。

ピックアップ記事

20代の再就職に有利な資格

20代の再就職に有利な資格

若いからと言って再就職先がすぐみつかるほど甘くはありません。20代の再就職に有利な資格をご紹介します。
>>詳しくはこちら

,

30代の再就職に有利な資格

30代の再就職に有利な資格

私がお勧めする資格をご紹介します。働きながらでも通信講座などを利用して資格取得できるものが多数あります。
>>詳しくはこちら

,

40代の再就職に有利な資格

40代の再就職に有利な資格

資格が必要だと分かっていても40代では資格取得は無理だと思っている人もいると思いますが、それは間違いです。
>>詳しくはこちら

,

50代の再就職に有利な資格

50代の再就職に有利な資格

50代の再就職は一般的に厳しいとされています。再就職を少しでも有利にするためには資格がカギになってきます。
>>詳しくはこちら

,

60代の再就職に有利な資格

60代の再就職に有利な資格

60代の再就職は容易ではありません。少しでも有利に再就職をするために資格取得を目指しませんか?
>>詳しくはこちら

,

資格取得のための勉強法

資格取得のための勉強法

資格を取得するためには、いくつかの勉強法があります。
>>詳しくはこちら

,

このサイトについて

不景気の今、再就職先を探す人も多いと思います。

毎日頑張って就職活動しても、何の資格も持っていなければなかなか希望通りの再就職先がみつからなかったり、面接を受けることすらできないこともあるでしょう。


再就職を希望する人の理由はそれぞれだと思います。
40代、50代でリストラされた人、20代で就職はしたものの、想像していた仕事内容と違っていたため、別の仕事をしたいと思っている人、他にやりたい仕事が見つかった人など、年代によってもその理由は異なると思います。

しかし、理由は違っても、誰でも再就職を少しでも有利にしたいと思うはずです。
そこでカギとなるのが、資格なのです。
資格の中には、年齢に関係なく取得でき、また短期間で取得できるもの、通信講座で取得できるもの、通学講座で取得できるものなど様々あり、例え50代や60代の中高年世代の人にも努力次第で取得できる資格は多くあるものです。

少しでも再就職を有利にしたいと思うなら、資格取得は必要不可欠です。

どんな資格を取得したらいいか迷ったら、まず、どんな仕事に就きたいかを考えてみましょう。
そうすれば必然的に必要な資格、有利な資格が見えてくるはずです。

例えば、医療系の資格は、年齢に関係なく取得できるものが多く、また、再就職にも有利なものが多いので、医療現場で働いてみたいと思う人は、医療系の資格がお勧めです。

また、資格の中には、独立・開業ができるものもありますので、50代、60代で再就職をしたいと思っている人は、そういう点から資格を探してみるのも一つの手です。


再就職は難しいと最初からあきらめず、まずはできることから始めてみませんか?
取得した資格はきっと役に立つはずです。
再就職を少しでも有利にするために資格取得を目指しましょう。

再就職に有利な資格のお役立ち情報

■資格を取得すると、再就職に有利?

 

一度退職し、しばらくたってから再就職を希望する方は多くいると思います。
再就職となると、ある程度年齢も上になっていますので、若い年齢に比べると不利になることも多いですよね。
再就職する年齢や職種などにもよりますが、持っている資格が有利になる場合もあれば、そうでない場合もあります。
資格の有無よりも、経験の方を重視する会社も多くありますので、資格をとったから、持っているからと言って、必ず希望する会社に再就職できるわけではありません。
しかし、会社の中には、資格の有無は重視しなくても、資格取得に向けた前向きな姿勢を評価してくれたり、年をとってからの資格取得を評価してくれるところもたくさんあるため、再就職のために資格取得をすることは、有利であると言えるでしょう。

 

 

■再就職に有利な資格とは?

 

再就職に有利な資格の一つに、「登録販売者」があります。
「登録販売者」とは、2009年から施行された改正薬事法の中で定められている医薬品販売の専門家のことであり、それまで薬剤師のみに認められていた一般用の医薬品の販売が認められている資格です。
一般用医薬品を販売するには、薬剤師かこの「登録販売者」の配置が義務付けられているため、「登録販売者」の資格を持っている方は、再就職に有利になるどころか、引く手あまたになる可能性が非常に高いです。
というのも、この資格を持っている人を確保できれば、スーパーでもコンビニでも一般医薬品を販売できるためです。
薬剤師の数には限りがありますし、薬剤師よりも賃金を抑えることができることが多いため、一般医薬品を販売する企業や、これからの販売を目指している企業にとっては、優遇する資格なのです。
ただし、大学の薬学部を卒業した方以外の方が、この資格を取得するためには、学歴にもよりますが、1年〜4年の実務経験が必要になります。
現在ドラッグストアで働いている方は、比較的取得しやすい資格であり、正社員として再就職の際に有利に働くでしょう。
また、時間はかかりますが、パートで働きながら実務経験を重ねた上で、「登録販売者」の資格を取得するのも一つの手です。

 

もう一つ、再就職に有利な資格に、「貸金業務取扱主任者」です。
この資格は、国家資格であり、改正貸金業法に対応しているため、貸金業者にとっては、営業所や事務所への配置が必須の資格です。
まだ新しい資格であるため、人材が不足していますし、貸金業界で働きたいと思っていない人でも、取っておいて損はない資格だと思います。